HOME > pico-pointの特徴 > システム要件・価格

pico-point に必要なシステム

一次元バーコードを使う場合

パソコンインターネットに接続する機能を持ち、Webブラウザがインストールされていること。
通信環境転送データ量は大きくありませんので、回線の質はそれほど重要ではありません。
バーコードリーダー液晶画面に表示されたバーコードを読み取ることができるタイプのリーダーで、パソコンのキーボード入力として使えるものをご用意ください。

二次元バーコードを使う場合

スマートフォン
タブレット
インターネットに接続する機能を持ち、2次元バーコード(QRコード)を読み取る機能が実装されていること。
Webブラウザがインストールされていること。
インターネット接続はWiFi接続でも良いので、通信キャリアとの契約がない端末でも構いません。
専用アプリも必要ないので古い機種でも充分使えます。
※「QRコード」はデンソーウェーブの登録商標です。
通信環境転送データ量は大きくありませんので、回線の質はそれほど重要ではありません。
※店員個人のスマホを利用する場合は店員に通信料負担が発生する場合がありますので、ご注意ください。
パソコンパソコンがなくても運用することができますが、お店の名前やクーポンに画像を使いたい場合などはパソコンがあると便利です。

価格

契約料、設定料等の初期費用¥0
メール配信機能なし¥5,400/年
メール配信機能あり¥10,800/年
※1年単位での契約となります。